2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
18:57:52
昼間に落としたケント城の夜設定初防衛でした。
前回ケントを落とした後の会議で、次回は必ずLoG/銀竜が攻めて来ると予測はしてましたが、やはり来ましたね。
今回こちらは、join約120名とjoin枠から漏れた人合わせると+140くらい居たのかな?
残り1時間での攻めでしたが左門にLoGがフルメンバーぽい人数・右門に公募銀竜が+40くらい居たのかな?
私は右門担当でしたが、戦況により左にも移動する感じで開戦。

今回はどちらの門も、今までより安定感があったんじゃないでしょうか?
あたしが左右どちらに動いても最前列まで行く事が無かったです。
なので、殆どの時間を弓で過ごしましたlol
LinC0493.gif
ヒマな右門の図

途中回しプリがGT破壊後、勢い余って(?)クラウンを獲っちゃって、攻め防衛共に全員飛んでしまうハプニングもありましたが・・・
なんとか再度城主になり、門防衛を展開できて最後まで守り抜く事ができました。

今回攻めに踏み切った銀竜をどうこう言うつもりは全く無いですが、公募はどうだろう?
今まで一緒に頑張ってきたクラン員に対して配慮が欠けてたのではないでしょうか?

あと昼間のアデンをGetしたみたいで、次回の防衛はアデンが先に(?)なりますが、頑張りましょう!
で、タイトルとは無関係に来ましたがここから・・・
役特くって事は滅多に無いんですが、その逆はしょっちゅうです。

防衛開始後にある説明が流れました。
「○○のクランは味方」
「○○は防衛で遊撃です」
はっきり言って、『はぁ?』 と思ってました。
でもまぁ始まったものはしょうがないので、防衛成功・失敗に関わらず事後の会議が
あるだろうからその場で詳細を聞こうと思ってました。

で、戦争も終わり結構な時間が経った頃、ほぼ同時間にwisが数件きた。
内容はどれも同じく会議の内容についてでした。
って、おい! かいぎ? 会議? はぁ? なにそれw
そう、うちのクラン呼ばれてませんでしたlol
クラン員に聞いても誰も何も聞いてない、と。
まぁ、クラン員の人数も一番少ないだろうし忘れられてもしょうがないかw
まぁ、それは別に構わないんで話しを元に。

えと、、、同時刻にwisが同じ内容で来ました。
それってアレ? アレだよね?
私にそれを会議に来て言えって(言ってくれ)事だよね?
だーーーよーーーねーーー?
私もその件には納得いかないものがあったので 
はいそれじゃぁ言いましょうと会議の場所を聞き、道連れに抜刀歳を召還して会議に中途参加。

まぁ、なんですね・・・
参加してなかった間に賛成多数で決まった事案を最初から蒸し返す行為ってイヤなもんですねぇw
『またアイツ反対意見ばかり出してるわ』
とか思われてるのが、無言のキャラからでもよく伝わってきます。
って言うかアレだよ、判ってもらえてたかな?
会議に参加してない間の事案を何故中途参加の私が知っていて、再度聞き直したかを。

と言うか、普通こう思いませんか?
違う勢力で戦争してた相手が、戦争開始後に連合代表格者が何の説明も無く
「防衛です」 とか言われても困りませんか?
今回はたまたま遊撃で門内には居なかったし、PTもjoinクランも別々だったのでアレですが
もしjoinしてPTでも組んでいたならどうでしょう?
門で戦闘中にキャンセが振るかもしれないし
回した時や獲られた時の再布告する際に妨害されるかもしれないし
マステレでゴッソリ拉致られる可能性もあるし
挙げたら限がないと思うんですよ。
それに、命を預ける訳ですから・・・
あぁ、言っておきますが、信用してる・信用してないは別の話しです。

防衛に参加してくれること自体は大賛成ですが、それには順序ってものがあるんじゃないでしょうか。








スポンサーサイト

Category:未分類コメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










やしの事

やし

  • Author:やし
  • 嫌いな人はカエレ!
過去の侵入者数
今現在の侵入者数
現在の閲覧者数:
☆BGM☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。